メインコンテンツへスキップ

新社会人必見!キャリア成功への近道:究極の非認知スキル 3選

新社会人の皆さん、注目!

非認知能力は幼児教育に焦点当てられそうですが、実際は新社会人という人生の大きな節目に、新鮮な気持ちになる時にこそ、非認知能力を高めるチャンスとも捉えられます。

今回は、社会人一年目に身につけたい非認知能力を3つご紹介します。これらのスキルは、ビジネスシーンで成功を収めるために非常に重要とされています。新たな環境でのスタートを切る皆さんにとって、これらのスキルは大変役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:関係構築に欠かせない コミュニケーション能力

まず1つ目に挙げる非認知能力は、コミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力とは、相手との関係を築くために必要な話し方や聞き方、表情やジェスチャーを意味します。社会人一年目は、多くの人と関わる機会が増えるため、コミュニケーション能力を高めることが大切です。具体的には、以下のポイントに注意してください。

1. 相手の話を良く聞くこと

相手の話を良く聞くことは、コミュニケーションの基本です。アクティブリスニングという技法を用いることで、相手の話をより深く理解できます。アクティブリスニングは、以下のようなポイントに注意して行うことができます。

  1. 目線を合わせ、相手に注意を払うこと
  2. 相手の話を遮らず、最後まで聞くこと
  3. 相手の言葉を要約してフィードバックすること

また、スティーブン・R・コヴィーの著書『7つの習慣』では、「まず理解に努め、そして理解される」という考え方が示されています。この考え方を実践することで、相手との理解が深まり、円滑なコミュニケーションができるようになります。

2. 相手の感情やニーズに対応すること

相手の感情やニーズに対応することは、感情知性(EQ)の一部です。ダニエル・ゴールマンの著書『感情知性』では、感情知性が成功に大きく影響することが説明されています。具体的には、以下の方法で相手の感情やニーズに対応できます。

  1. 相手の表情や声のトーンから感情を読み取る
  2. 相手の状況や背景を考慮し、適切な対応をする
  3. 必要に応じて、共感や励ましの言葉をかける

3. 自分の意見を適切なタイミングで伝えること

自分の意見を適切なタイミングで伝えることは、アサーションと呼ばれる技法です。マニュエル・J・スミス著『アサーション・トレーニング』では、自分の意見や要求を適切に伝える方法が紹介されています。具体的には、以下のポイントに注意して行うことができます。

  1. 自分の意見や要求を明確にする
  2. 相手に対して敬意を払い、侵害しない言葉を選ぶ
  3. タイミングや場の雰囲気を考慮し、適切な瞬間を見極める

これらの3つのスキルを総合的に駆使することで、コミュニケーション能力が向上し、より良い人間関係を築くことができます。職場やプライベートでのコミュニケーションにおいて、アクティブリスニング、感情知性、アサーションを意識して取り組んでみてください。これらの技法を習得し、実践することで、他人との協力や理解が深まり、円滑なコミュニケーションが可能となります。

また、これらの技法を継続的に実践することで、自己成長や自己啓発にもつながります。自分のコミュニケーションスキルを向上させることで、人間関係や仕事のパフォーマンスが向上し、キャリアや人生においても成功を手にすることができるでしょう。

最後に、これらの技法は一度にすべて習得することは難しいかもしれませんが、継続的に練習し、反省し、改善することが大切です。日々のコミュニケーションを通じて、自分の強みや弱みを見つけ、スキルを磨いていくことが求められます。

ポイント2:人生の時間を効率よくさせる タイムマネジメント

2つ目に挙げるのは、タイムマネジメントです。

タイムマネジメントとは、自分の時間を効率的に活用する方法です。特に、社会人一年目は仕事が忙しくなることが多いため、タイムマネジメントが重要になります。以下のポイントを意識して、時間をうまく使いましょう。

1. やるべきことをリスト化し、優先順位を決めること

優先順位付けと意思決定: タスクの優先順位を決め、効率的な意思決定を行う能力も、非認知能力の一部です。デイビッド・アレンの著書『仕事術GTD』では、「マインドスウィープ」でタスクの優先順位を可視化する方法が紹介されています。

この方法では、頭の中にあるタスクやアイデアをすべて紙に書き出し、整理してリスト化します。リスト化したタスクに対して、ドワイト・D・アイゼンハワー元米国大統領が提案した「アイゼンハワー・マトリックス」を用いて、優先順位を決めることができます。

アイゼンハワー・マトリックスは、タスクを緊急性と重要性の2軸で評価し、4つのカテゴリに分類し、効率的なタイムマネジメントを実現する手法です。優先順位を見極め、焦点を絞ります。

2. 期限を設定し、スケジュールを立てること

スティーブン・R・コヴィーの著書『7つの習慣』では、タスクを週単位でスケジューリングすることが提案されています。週単位でスケジュールを立てることで、より具体的な期限を設定し、タスクの進捗管理が容易になります。また、フランクリン・コヴィー社の「フランクリン・プランナー」などの手帳や、デジタルツールを利用してスケジュール管理を行うことが効果的です。

3. 休憩時間を設けて、リフレッシュすること

フランチェスコ・シリロが提案した「ポモドーロ・テクニック」は、休憩時間を設けることで集中力を維持し、効率的な作業ができるとされるタイムマネジメント法です。この方法では、25分間の作業に集中した後、5分間の休憩を取ります。これを4セット繰り返した後、15~30分の長い休憩を取ることが推奨されています。休憩時間にはストレッチや散歩、水分補給などを行い、リフレッシュすることが大切です。

これらの学習法を上手く組み合わせて、タイムマネジメントを向上させることができます。継続的な実践を通じて、自分に合った方法を見つけ、効率的な時間管理を実現しまししょう。

タイムマネジメントは一見認知的スキルですが、タイムマネジメントスキルを向上させるためには、非認知能力にも重要視とされる継続的な学びと成長マインドセットが重要です。新しいタイムマネジメント方法を試し、効果を評価し、適切な改善策を見つけることで、スキルを向上させることができます。その中で、自分の習慣やライフスタイルに合った方法を見つけることが重要です。また、柔軟性を持って、状況や自分の状態に応じて方法を変えることも大切です。

また、タイムマネジメントスキルは、継続的な取り組みと評価を通じて、より磨かれることが期待されます。自分の強みや弱みを把握し、改善点を見つけて努力することで、日々の生活がより充実したものになるでしょう。

ポイント3:変化に対応できる自分になる 柔軟性

最後に挙げるのは、柔軟性です。

柔軟性とは、変化に適応し、柔軟な考え方や行動ができる能力のことです。社会人一年目は、様々な状況や人間関係に適応しなければならないため、柔軟性が求められます。以下のポイントを意識して、柔軟性を養いましょう。

1. 状況に応じて自分の意見や行動を変えること

ダニエル・ゴールマンの著書『ソーシャル・インテリジェンス』では、他者との関係性やコミュニケーションの重要性が強調されています。状況に応じて自分の意見や行動を変えることは、このソーシャル・インテリジェンスの一部であり、他者との協調性を向上させることができます。ウィリアム・アイク(William Ury)の著書『イエスをつかむ交渉術』では、相手の立場を理解し、柔軟に対応することで、より良い結果が生まれると説明されています。

2. 変化に対してポジティブな態度を持つこと

キャロル・S・ドゥエック(Carol S. Dweck)の著書『マインドセット』では、成長マインドセットと固定マインドセットの2つの考え方が紹介されています。成長マインドセットを持つ人は、変化や困難に対してもポジティブな態度で取り組み、チャンスと捉えることができます。この考え方を身につけることで、変化に対して柔軟に対応し、新しい状況に適応する力が身につきます。

3. 異なる視点や意見を尊重し、学ぶこと

スティーブン・R・コヴィーの著書『7つの習慣』で紹介されている「シナジーを創出する」という考え方は、異なる視点や意見を尊重し、学ぶことの重要性を示しています。また、エドワード・デ・ボノ(Edward de Bono)の著書『シックス・ハット思考法』では、異なる視点を持つことで、問題解決やアイデア創出に役立つと説明されています。

これらの書籍や方法を参考にして、状況に応じて意見や行動を変える柔軟性、変化に対するポジティブな態度、そして異なる視点や意見を尊重する力を身につけることができます。

これらのスキルは、社会人としてだけでなく、人間関係や自己成長にも役立ちます。異なる状況や人々とのコミュニケーションを通じて、自分の視野を広げ、より深い理解を得ることができるでしょう。

最後に、柔軟性、ポジティブな態度、異なる視点や意見を尊重する力は、職場やプライベートでの人間関係やコミュニケーションを向上させるだけでなく、自己成長や自己啓発にも繋がります。これらのスキルを習得し、実践することで、他人との協力や理解が深まり、円滑なコミュニケーションが可能となり、人生においても成功を手にすることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これらの非認知能力は、新社会人一年目だけでなく、キャリアを積み重ねる中でますます重要性が増すスキルです。早いうちから意識し、習得しておくことで、ビジネスシーンでの成功に繋がります。今回紹介した非認知能力を大切に、素晴らしい社会人生活を送りましょう!

========================

弊社が運営する、「リカレントビジネス・カレッジ 基礎編」では、短期間で非認知能力を高めるスキルをワークショップ形式で体験できます。

そんな非認知能力・ビジネススキルを短期間で上げられる講座にご興味があれば、下記のボタンから基礎コースの詳細とお申込詳細をご覧ください。

そんなワークショップを運営するトレーナーたちが、どのような思いで、どんなふうにこのプログラムを運営しているのか?また、トレーナーたちはこれまでの成功体験と失敗体験から、どのようにして非認知能力を養っていったのか?ぜひ、こちらからご覧ください。

そして、参加者が講座に参加した後、今まで仕事・ビジネスがうまくいかない原因を突き止めて、そこから独立起業を一気に進めました。

Page Top