メインコンテンツへスキップ

【卒業生インタビュー22 相手の意図を汲めるようになり、「自分にしかできないこと」を手に入れた】

どんな方が、どんな想いで受講して、リカレントビジネス・カレッジから卒業後にどんな人生を歩んでいるのか?本インタビューを通して、お届けいたします。

今回は28期(2021年)卒業、自営業でありながら、リカレントビジネス・カレッジを参加してから今は、学んだことを事業に加えて、事業展開していく川野 智史さんにお聞きします。

(2022年10月現在)

1. 講座に参加する前の状況を教えていただけますか?

2015年に脱サラをして、妻と会社を始めました。妻はグラフィックデザインやダイレクトマーケティングなどを20年ほどやっているデザイン系のエキスパートでした。そして、妻に「将来的には地方で生活をしたい」「夫婦で仕事をしたい」ということを言われました。僕はサラリーマン家庭で育って、ザ・サラリーマンだったので、脱サラなんて何も考えていませんでしたが、2015年に会社を立ち上げました。 

 仕事を始めるに当たって、妻のデザインの仕事と僕の仕事をどうやってジョインすることができるのかなと思った時、元々僕は学生時代から音楽やバンド・DJ・イベント・人の音を出す音響などをボランティアでしていた経験があったので、妻のデザインスキルとその経験を広告という分野で繋げることができると感じて、イベント広告デザイン会社というのを2015年に東京で立ち上げました。

 東京で立ち上げたのですが、2019年に東京から熊本に移住を決断しました。そのきっかけは子育てです。子供が生まれて、 子供はやっぱり自然の中で育てたいという気持ちがあり、東京で子育てするイメージが全く湧かなかったので移住を決めました。会社の企業理念が『みんな誰もが表現者』で、一人一人がその個性を表現することができ、誰もが何かの天才であると思っているので、アートティピカルカルチャーという言葉の造語でアピカという会社を作りました。イベントやデザインなどの広告という分野の仕事です。ちなみに、オンラインさんのコーポレートメッセージである『あなたにしかできないことがある』 と自分自身の会社の企業理念である『みんな誰もが表現者』というメッセージが繋がったというところに親近感を感じました。

2. 講座に参加したキッカケを教えてください。

デザインやイベントの会社をさせていただいていたのですが、『デザイン』『イベント』『広告』の仕事で、広告やイベント自体が欲しいお客さんっていらっしゃらないですよね。例えば食べ物などを提供してるわけではないので、何かしらのビジネスを加速させたいなどの目的が あって広告の依頼をされるので、コンサルティングの領域に入ってきたり、ビジネスの課題が何なのかを引き出す力や、課題を解決する力が必要なんだと感じて、僕はこの講座に参加しました。課題解決のスキルを学べるというところがきっかけでした。

(経営者として自分の事業を加速させるために参加されたということであっていますか?)

そうです。

3. 講座期間中に稼いだ金額を教えてください。

言えないぐらいの金額ですが、20万円でした。

4. この講座に参加して、ご自身で一番大きな変化を感じる部分はなんですか?

たくさんありますが、一番僕の中で大きかったのは、『納得を手放す』でした。一番難しくて一番価値がありました。 やはりどこか自分はできると思っている状態でしたので、仕事を任せられないといいますか、手放す力と言えばいいのでしょうか。手放すと入ってくる余裕が生まれました。何かを握ってると新しい成果や成長を捕まえられないということに気がつけたことが大きかったですね。

もちろん素直さなどもあると思いますが、納得を手放すというのが大きいですよね。それを手放すことができると、目の前にいる人に対して自分は役に立てるんだなと思えたり、サービス提供ができると感じられるようになりました。

未だに、何かをやろうと思うときに、何を手放すかということの方が大事ですし、何かをやる前に「何を手放そう」「何をやらないようにしよう」と考える方が近道なんだなということは、この講座で学んだことです。

手放すと簡単に言いますが、今までの経験とかを手放すことはすごく難しいことですよね。女性はそういうのが得意なのかもしれないですが、男は勝手な理屈や理由を大事にしてしまう部分もありますから、一度手放してみると何かできるようになると思います。

5. 講座期間中(チャレンジ期間中)は、どのように過ごしましたか?

とりあえず知り合い全員に連絡しようと考えていました。

6. この講座で学んだことをどのように活かしていますか?ビジネスに限らず、プライベートなどでも何か影響はありましたか?

デザインやイベントの仕事をしている中でのクライアントワーク・ヒアリング能力・問題発見能力・課題解決能力などの仕事を取るまでのフローとしても使っています。

それだけでなく、「お願いします。」と依頼をされたときにお客さんが求めているものが何なのかというのが分かるようになり、そのお客さんの悩みはマーケティングで解決できるのか、もしくはブランディングで解決できるのかというのを把握して、仕事をスムーズに進めることができています。

ですので、自分自身でビジネスをする中の全ての過程において講座で学んだことは全て使っています。

7. 今もこの講座内で学んだビジネスを継続されてますか?

提供しているものはマーケティングやブランディングですが、この講座で学んだことを組み合わせています。

(学んだことを今の事業と融合されているのですか?)

ガッツリです。この講座で学んだことを提供できるコンテンツになっています。

8. 改めて、講座に参加してみていかがでしたか?

一言で言うと参加してよかったです。先ほどの「他の講座に参加した経験はありますか」という質問の答えにもなるかもしれませんが、多分こんなことを教えているところがないといいますか、全部理にかなっているんですよね。

スキルやメソッドを提供している講座やセミナーは多分たくさんあると思いますが、使える人と使えない人に別れてしまうと思います。しかし、この講座はそんなこと関係なく誰でもできる構造になっているので、素晴らしいなと思います。さっき納得を手放すのが大変だったという話をしましたが、自分がたった1人でビジネスをやるとなったら、こんなにできないんだということが分かり、本当のスタートラインだなと感じられました。

オンラインさんのコーポレートメッセージではないですが、『あなたにしかできないことがある』が掴める場所だなと思っています。

※説明会の詳細&お申込みは こちらから(クリック)

Page Top