メインコンテンツへスキップ

【必見】自分を変えられる考え方とは

突然ですが、
あなたはこの言葉を聞いてどう感じますか?

・人は変われる

・世界はシンプル

・誰もが幸福になれる

もしかしたら、

「そんなの綺麗事だよ」

って思う方もいるかもしれません。


ちなみに
僕は以前この言葉を聞いた時に
そう思いました。


綺麗ごとだと感じる人は、
なぜ綺麗ごとだと
感じてしまうのでしょうか?


それは、


『どうせ私は特別じゃないから
 今の状態が続くだけで、
 この世界で幸福になれない』

という考えを持っているから
なのかもしれません。


しかし、
ここで勘違いして欲しくないのが、
その考え方が正解、不正解の話ではない
ということです。

では、なぜ今のまま変わることが
できないと思ってしまうのでしょう。


アドラー心理学で有名なアドラー博士は
過去に原因があると言っています。


例えば、

・小さい頃に親に「あなたは何をやってもダメだね」
 と言われた経験から、
 自分には価値がないと感じている


・友達から仲間外れにされた経験から
 自分は友達を作るのが苦手だと
 感じている


・昔、彼氏に暴力を振るわれた経験から
 今でも男性のことを信じられない
 などなど


過去の出来事によって
現在の行動や言動に影響が出ている
ということです。


ただ、アドラー心理学を説明している
『嫌われる勇気』という書籍には
こうも書かれています。


『トラウマ・劣等感・怒りを
 自分は変われないと信じ込むための
 道具にしてしまっている』


つまり、

過去のあなたがどうであれ、
今のあなたの選択には関係がない

ということなんです。


本当はこうなりたいけど、
一歩踏み出せないという方は

①過去を振り返って、
 今、一歩踏み出せていない
 理由を考える


②その理由を
 諦める理由にしていないかを考える


③もし諦める理由がそれならば、
今の自分とは関係ないと信じる


ただ、
過去を振り返ることが苦しいと
感じる方もいるかもしれません。


そんな方は
できる範囲で大丈夫です。


ただ知ってほしいのは
過去のあなたと現在のあなたは
別であるということです。


新しい一歩を踏み出すことは
怖いかもしれませんが、
それ以上にこれからの未来を
変えるキッカケになることも
あると思います。


新しい一歩を踏み出して、
小さな成功を積むことができれば、
過去の体験を書き換えることもできます。

Page Top