メインコンテンツへスキップ

もっと早くオススメすればよかった、、、

こんにちは!
株式会社OnLineの音谷です。

突然ですが、

『マーヤのヴェール』

という言葉を知っていますか?
(知っているあなたは、
 もしかしたら、あのドラマを
 見ているかもしれませんね^^笑)

私はこの言葉を、
今ハマっているドラマ

「初恋の悪魔」

で初めて知りました。

初恋の悪魔は、
以下の、捜査権を持たない4人が
難事件を解決する物語です。

1:捜査権はない停職処分中の刑事
2:生活安全課の警察官
3:会計課の職員
4:総務課の職員

この4人は、推理を始める前に、
人差し指を額に当てて、

「マーヤのヴェールを剥ぎ取るんだ」

と言います。
(私もテレビの前で同じポーズを
 して、一緒に推理してます。笑)

この“マーヤのヴェール”とは
ショーペンハウアーの
『意志と表象としての世界』に
出てくる言葉なのですが、

現実に囚われていると
本質が見えなくなる

という意味です。

もっと分かりやすいように
別の言葉にするなら、

思い込みは大切なことを
見えなくしてしまう

ということ。


前回のメールでも、
もし、自分なんかと違って
周りの人は幸せなんだと思い込んで
しまっていたら、

本当は目の前にあるはずの
自分の幸せに気づけなくなって
しまういう話を書いたのですが、

これもマーヤのヴェールに
包まれてしまっているのかも
しれません。


このドラマを見ていて、

思い込みに囚われずに
事実をみることが大切だ

と思うのと同時に、

ドラマの中で
人差し指を額に当てて、

「マーヤのヴェールを剥ぎ取るんだ!」

と言って場面が展開するように、

自分の中で、意識的に
視点を切り替える時間を作る

ということも大切かもしれないな
と思いました。

今後私は、問題が起きて、
冷静に目の前の問題の根本的な
要因を考えられない時、
心の中で、

「マーヤのヴェールを剥ぎ取るんだ!」

と唱えて視点を切り替え
解決ができるように努めてみよう
と思っています!


📝音谷沙奈

Page Top